エイミー・ライトマン

ポリシー・研究部長

エイミー・ライトマンは、肺非結核性抗酸菌症患者を対象とした非営利擁護団体NTM情報研究センターのポリシー・研究部長です。彼女は肺NTM症患者の娘として、この10年間に患者の声を擁護してきました。

その役割の中でエイミーは、患者さん、医療従事者、研究者、業界、およびその他の利害関係者の利益と観点を代表して、患者の意見を求める立法者、規制当局、独立組織に手紙を送り、複数の利害関係者の会議で講演を行います。彼女は、FDAの会議で最初の患者選好研究発表を行っており、肺NTM症に関する複数の論文の共著者でもあります。NTM研究コンソーシアムのNTMir代表者として、エイミーは患者中心の疫学研究に協力してきました。

NTM情報研究センターに参加する前、エイミーはNBAチームとして、ウェブサイトの更新と再開、ゲームデー付帯資料の開発、地域および国際社会の社会的セーフティネットを強化するために人的および財政的リソースを動員する主要なコミュニティ非営利団体を監督するなど、長年にわたってコミュニケーションとマーケティングに携わっていました。

エイミーは、米国胸部学会、米国感染症学会、米国胸部医師会(CHEST)、米国微生物学会、欧州呼吸器学会、および医薬品情報協会の会員です。

カナダのモントリオール出身のエイミーは、トロントで育った後、フロリダ州マイアミに移り、マイアミ大学で文学士号と法学士号を取得しました。