Donate Now
Donate Now

気道浄化

余分な粘液が肺に溜まり、病気になることがあります。これが発生する理由はたくさんありますが、理由が何であれ、定期的にこの粘液を取り除くことが重要です。肺から粘液を取り除くための方法は、主治医と相談してこれまでにいくつか試しているかもしれません。

胸部理学療法(胸部PT)には、体位ドレナージ法フラッターバルブを使用する方法、PEPバルブまたはインフレータブル電気ベストを使用する方法があります。呼吸療法士は、深い咳または大きく息を出すような咳などの他の浄化方法も指導してくれるでしょう。主治医と相談した粘液を除去する方法かどうかにかかわらず、感染した痰を排出するたびに、肺にダメージを与える粘液がその分だけ減り、抗菌薬が打ち負かすべき菌が少なくなります。

副鼻腔洗浄

主治医から、1日に1~2回副鼻腔を洗浄するように指示された場合には、正しい手順を確認しておきます。副鼻腔洗浄の目的は、余分な粘液を取り除き、この粘液が肺に排出されるのを防ぐことです。他の感染症を引き起こす可能性のある汚染された機器の使用を避けることが非常に重要です。呼吸療法士から、副鼻腔洗浄方法について説明を受けましょう。副鼻腔洗浄ガイドラインについては、ここをクリックしてください。.

米国疾病管理予防センター(CDC)が2012年10月に発表した論文では、副鼻腔洗浄ガイドラインとともに、副鼻腔洗浄に使用する水の適切な滅菌を遵守することの重要性が強調されています。慢性副鼻腔炎の考えられる原因としての家庭配管における非結核性抗酸菌

 

最新情報を入手する

NTMirのニュースリリースのサインアップ