Donate Now
Donate Now

予防

NTMは環境病原体であり、そのため環境的な感染源には特に注意することが重要です。感染症にかかりやすい、NTMに既に感染している、または過去に感染していた可能性があるすべての患者さんは、NTMや、その健康を損なう可能性のある他の病原菌への曝露の機会を減らすよう注意する必要があります。軽減・予防法の効果に関する試験は多くありませんが、基本的で費用効果が高く常識的なものがあります。

インフルエンザは、NTM症患者では重症化するおそれがあります。慢性肺疾患の患者さんには、通常、インフルエンザの予防接種と、定期的な肺炎ワクチンを毎年受けることが推奨されています。風邪やインフルエンザに罹患した人やその人達が触ったり使用したものとの接触を避け、特にコップや食器類を共有しないようにします。

石鹸と水で手をこまめによく洗い、手の除菌用ローションを携帯するのもよいでしょう。

 

最新情報を入手する

NTMirのニュースリリースのサインアップ